スマホサイトを表示
Q&A

TVCM

2016振袖展示会開催中(15秒)

小物の名称と選ぶポイント!

A髪飾り 振袖やヘアスタイルに合わせて、デザインや素材、色を選びましょう。
B半衿 成人式や謝恩会では刺繍入りなどの華やかなものがおすすめです。
C伊達衿 半衿と振袖の間にのぞかせます。差し色を効かせて衿もとを彩りましょう。
D帯揚げ 帯の上に結んで帯まわりを華やかに。総絞りやラメ、刺繍など種類も豊富です。
E帯締め 太めの丸組みが定番です。パールやラインストーン使いが人気。
F 金糸や銀糸をあしらった豪華なものが人気です。花柄や古典柄など、振袖のデザインとの相性も考えましょう。
Gショール 防寒として活躍するだけでなく、色・質感で着こなしの重要なポイントになります。
H草履バッグ 着こなしの格上げには不可欠。振袖のデザインに使用されている色から1色を選んでコーディネートしたら失敗しません。

式当日にオススメ♥ バッグの中に入れておくと安心なアイテム♪

★クリップ

洗濯バサミでもOK。トイレ時の止めや手を洗うときに便利です。2個用意すると良いでしょう。

★大判ハンカチ

お食事の時などにナプキン代わりに使います。振袖の汚れ防止にGOOD!

★ヘアピン・Uピン

髪をアップにした人は必ず持っていくようにしましょう。外出先で乱れたときなどにあると便利です。

  • 美しい大人の仕草でイイ女度UP!
  • 歩き方

    少し内股で
    歩くのがお上品

    歩幅は自分の足のサイズくらい。ひざを擦るようなつもりで歩くと良いでしょう。
    背筋を伸ばしてゆっくり歩きましょう。
     

  • 物を持つ

    物を持つときは
    持ち手に意識

    バッグは基本的に手に持ちましょう。その他に紙袋やショールを手に持つ場合は、バッグを手首に掛けて紙袋はもう片方の手に提げて持ちます。

  • 椅子に座る

    美しく背筋を
    伸ばして
    座りましょう

    椅子には浅めに腰掛けて、帯をつぶさないように背筋を伸ばして座ります。背もたれに身体を預けるのはNG。着物の両袖はひざの上でクロスさせて重ねましょう。

  • 階段の上り下り

    袖と裾に要注意!
    慌てずゆっくりと

    階段では両袖を重ねて左腕にかけ、右手で上前を少し持ち上げて踏まないように気をつけましょう。体を少し斜めにするときれいです。

  • 車に乗る時

    車には
    お尻から
    乗って回転!

    バッグを先に中に入れ、両袖を手で持ってシートに腰掛けて、体を90度回転させて乗車します。着崩れしないように焦らずゆっくり乗りましょう。

トイレの際は洋式トイレへ行きましょう

  • 1 たもと
    (袖の一番下)
    から挟み込む

    振袖、長襦袢の順に袖の一番下の先端をクリップで帯に挟みこみます。

  • 2 次に裾を
    挟み込む

    裾も振袖・長襦袢・裾よけの順でめくり上げてクリップで挟み込みます。終わったら元に戻し、帯締めと、おはしおりの乱れを整えます。

  • 3 帯たれに
    気をつける

    帯のたれは、めくれて上がってしまうことがあるので、手をうしろにまわしてチェック。手を洗うときは袖口をぬらさないように気をつけて。

前撮りから式当日まで完全サポート
  • まずはお店で振袖を選び

    たくさんの振袖の中からお好みの色やお顔映りを見ながら、お気に入り見つけてください。振り袖が決まったら、帯や小物をコーディネート♪

  • 前撮りをたっぷり楽しんで

    前撮りは式当日とイメージの全く違う振袖で撮影できます。2種類の振袖に、ヘアメイクも変えて楽しんでいただけます。日焼けしてしまう前の4~7月までがオススメの時期です。お早めにご予約ください。

  • 年内の打ち合わせしっかり念入りに

    年内に成人式当日のへアセットメイクの打ち合わせを行います。前撮りの時とは違うスタイルをお楽しみください。

  • シャンプーは前日の夜までに

    式当日、ぬれた髪ではセットはできません。シャンプーは前日までに済ませ、すぐセットできるように。スタイリング剤は絶対つけないでね。

  • 式当日お仕度時間は厳守

    お仕度順は分刻みで予約が入っています。遅刻をすると全てのお客様に遅れが出てしまうため、一番最後の時間になってしまいます。目覚まし時計はしっかりかけて寝ましょう。

  • 来店時は前開きの洋服で

    式当日はヘアセット・メイクの後、着付けに入ります。ヘアメイクをしたら、かぶりの洋服は脱ぐ事ができません!必ず、前開きの洋服を着て来店してください。忘れ物が無いように、チェックもしましょう。

  • 朝食は必ず食べましょう

    式当日は長い一日になります。朝食はしっかり食べましょう。ただし、食べ過ぎは帯が苦しくなるので気をつけて。

  • 式場へは車移動がオススメです

    車に乗ったら、シートに浅く腰掛けて、体を支え、帯をつぶさないよう気をつけてください。乗車時の注意は上記の【美しい仕草】をご覧ください。

  • 式典マナーは守りましょう

    成人式会場に到着したら、ケータイ・スマホは必ずマナーモードに。室内に入ったら防寒用のショールははずし、バックを持った手に掛けましょう。マナーを守って成人式を楽しでください。

© Daishin Soshakan ALL Rrights Reserved.

ページ上部へ